ユーロ崩壊!

著者 :
  • 彩図社
3.38
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883928439

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ユーロ、国家から自由な金融政策を奪い、財政危機だけを生み出し、しまいには金融危機も生み出そうとしているクズみたいな通貨だろ。

    所詮、通貨統合なんて国家統合じたいを考えなければならない改革だった。中途半端な改革は不幸しか生まない。

    ユーロ圏の債務国を救うならインフレを覚悟する、税金を移転する、ユーロを解体する。このうちのどれかしかない。

  •  ユーロそっちのけで「日本は大丈夫」ということが書いてあった。「日本は大丈夫」は氏の兼ねてからの主張であるし同意もするが、ユーロ崩壊というタイトルである以上、ユーロが今後どうなってしまうのか?ということに中心に据えた著書にすべきである。まさか本書の3分の1が日本の今後についてに費やされているとは思わなかった。もちろんユーロが日本経済に及ぼす影響など日本に関わることを書くことは問題ないし書くべきなのだが、ヨーロッパ諸国の解説がいつの間にか日本の経済の説明になってしまっている。また、ところどころに現政権(民主党)やマスコミ批判を織りまぜているが、これが全体の流れを阻害して可読性を低下させている。本人はちょっとしたスパイスのつもりだろうがもっと読者の読みやすさのことを考えて文章を構築すべきであると思う。せっかく根拠を明らかにして論を展開しているのにもったいない。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

経世論研究所・所長。1969年生まれ。東京都立大学(現・首都大学東京)経済学部卒業。外資系IT企業等数社に勤務した後、中小企業診断士として独立。大手インターネット掲示板での、韓国経済に対する詳細な分析が話題を呼び、2007年に『本当はヤバイ! 韓国経済』(彩図社)を出版、ベストセラーとなる。以後、立て続けに話題作を生み出し続けている。データに基づいた経済理論が高い評価を得ており、デフレ脱却のための公共投資推進、反増税、反TPPの理論的支柱として注目されている。著書に『超・技術革命で世界最強となる日本』『第4次産業革命』『今や世界5位 「移民受け入れ大国」日本の末路』(以上、徳間書店)、『財務省が日本を滅ぼす』(小学館)、『生産性向上だけを考えれば日本経済は大復活するシンギュラリティの時代へ』(彩図社)など多数。

ユーロ崩壊!のその他の作品

ユーロ崩壊! Kindle版 ユーロ崩壊! 三橋貴明

三橋貴明の作品

ツイートする