超訳 論語

著者 :
  • 彩図社
3.67
  • (1)
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 84
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883928460

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 孔子の言葉を今の現代社会の状況に合わせた解説をしていて、どんなシーンでも孔子の言葉を心に留めておく価値があることを知ることができた。フレーズを切り抜いているので、覚えやすく反芻して読む必要があるなと感じた。

  • 分かりやすくてよい。もっとたくさん読まなきゃね。

  • 孔子は聖人過ぎて現実味がない。
    ないはずなのに、孔子のお言葉には反論の余地がない。
    不思議だ。

  • 孔子の論語を具体的事例を交えて書かれた本。
    上司が部下に対する態度など、学びが多い。
    君子は三つの顔を持つ。
    遠目に威厳があり、近づくと温かく、言葉を聞くと厳格だ。

  • ローソンの雑誌コーナーに置いてあるのを見つけて買った。
    まさか、コンビニでサンドウィッチといっしょに「論語」を買う日がくるなんて、孔子も(その弟子たちも)そして私自身も想像だにしなかっただろう。

    論語について書かれた本は、佐久協先生の「高校生が感動した論語」、「論語が教える人生の知恵」や森哲郎さんの書かれたものなど複数持っているが、本書はその中でも面白さの点で上位にランクインする。

    なにより解説が読んでいて楽しかった。
    紀元前に書かれた論語を、現代の日米のトップ経営者になぞらえて説明する手法は新鮮でとても興味を持てた。
    たとえばウォーレン・バフェット、ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズに始まりGEのジャック・ウェルチ、IBMを復活させたルイス・ガースナーなど登場する人物は幅広い。
    日本でも京セラの稲盛和夫さん、OKWaveの創業者の兼元謙任さん、ブックオフの社長橋本真由美さんなどビジネス書をよく読まれている方にはおなじみでもある有名人が例として多数引用されている。

    その著者の見識の幅広さにはただただ驚くばかりである。

  • 超訳だけに、分かりやすく、実用的な一方、超訳なので、孔子のいう深みがなくなっている。
    あっさりと読める。

  • ビジネスシーンでの事例を上げて論語を解説してくれている本。そう、論語はビジネスでも活用できる。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2000年KAIST(国立韓国科学技術院)大学院卒(工学修士)。
ゲーム製作、VRシステム製作、インスタレーションアートなど、様々なプロジェクトの経験から、組織作り・リーダーシップを研究するようになり、ビジネス・リーダーシップ関連の著作を多数執筆。
主な著書に『超訳 孫子の兵法』『超訳 君主論』『超訳 資本論』『超訳 論語―孔子に学ぶ処世術―』『超訳 アランの幸福論』『超訳 韓非子―リーダーの教科書―』(全て小社刊)、『一時間で読めるマキャベリの君主論』などがある。

「2020年 『ヒトラーの大衆扇動術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

許成準の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
佐々木 圭一
ロバート キヨサ...
クリス・ギレボー
デイル ドーテン
デールカーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

超訳 論語を本棚に登録しているひと

ツイートする
×