「マネジャー」の基本&実践力がイチから身につく本

著者 :
  • すばる舎
3.57
  • (5)
  • (11)
  • (8)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 97
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883997671

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マネジャーは何をすべきかが具体的に書かれており、自分にとってはバイブル的な本。
    「人を通じて事をなす」という定義がとてもわかりやすかった。
    普段、どうして部下が自主的に動いてくれないのだろう?と思っていたが、「自分を指さす」ことからはじめようという解説はなるほどと思った。やはり自分が変わること、自分に何ができるかを考え行動することが大事である。
    ナンバー2をつくること、2:6:2の6の底上げが大事なことなどとても参考になった。(どうしても下の2割に時間を割かれがちだったので)
    緊急ではないが重要な仕事に早めに手を付ける、ことは実感をもってその重要さがわかる。それを後回しにしてきたツケがいまさらきているから…。いまからでも遅くない、やってみよう。

  • 大づかみにポイントが書いてある。
    成り立てに一度読んで、3ヶ月後にもう一回。
    各章内容で深掘りしたい部分は、別の本で。

  • 特段目新しさはないものの、マネージャーとして当たり前に知っておくべきPDCAサイクルやGROWモデル等基本的な考え方が網羅されていたと思います。
    図解もあって分かりやすいので、まさに新任マネージャー向けの一冊です。

  • 管理職初心者に役立つ一冊!

  • マネージャの心得。まずはNo.2の育成。人を使って、自分は新たな価値を生む仕事を!ぼちぼち役立った。

  • 課長になったらすぐ読む本

  • (自分もそうですが)まだマネージャーじゃない人にも、とても役立つ日々の教えが書かれていると思います。

    人のモチベーションは放っておくと、携帯電話の電池のように、自然と低下するそうです。
    部下を叱るポイントは言動よりもパラダイムで。
    部下に任せた仕事はギリギリまで手を出さずに見守る。手は出さず、目は離さない。

    などなど

  • 購入者:中川(2009.1.7)返却:(2009.8.1)
    購入して読んだ時はあまりイメージ出来なかったが、ようやくマネージャーとしての仕事に慣れてきたころにもう一度読むと、なるほど!と参考になる部分がたくさんありました。各課マネージャーは是非一度読んでみてください。
    貸出:馬場(2009.8.3)返却:(2009.8.11)
    読みやすく理解しやすい本でした。内容も参考になるところが多いと思います。
    岡田:貸出(2009.10.20)返却(2009.10.30)
    マネージャーとして、できていないところが多々ありました。これから巻き返していきます!!
    貸出:裕志 返却:(2009.11.27)
    岡田君の巻き返しを期待してます。
    本の内容ですが、マネージャーというか、人として当たり前のことが書いてあります。星は2つです。

  • 2008.12

    役職者へ年末年始のオススメ本!

全9件中 1 - 9件を表示

プロフィール

株式会社小倉広事務所代表取締役。組織人事コンサルタント、アドラー派の心理カウンセラー。日経 BIZ アカデミー、日経ビジネス課長塾、SMBC コンサルティング講師。大学卒業後、リクルート入社。その後、ソースネクスト常務などを経て現職。大企業の中間管理職、ベンチャー企業役員、自ら興した会社の社長と、様々な立場で組織を牽引してきた。コンサルタントとしての 20 年の経験を基に、対立を合、意に導く「コンセンサスビルディング」の技術を確立し、普及に力を注ぐ。また。悩める 30 代のビジネスパーソンを救うメンターとしても知られる『任せる技術』『やりきる技術』(日本経済新聞出版社)、『自分でやった方が早い病』(星海社新書)など著書多数。2014 年 2 月に上梓した『アルフレッド・アドラー人生に革命が起きる 100 の言葉』(ダイヤモンド社)はベストセラーに。

「マネジャー」の基本&実践力がイチから身につく本のその他の作品

小倉広の作品

「マネジャー」の基本&実践力がイチから身につく本を本棚に登録しているひと

ツイートする