「つい悩んでしまう」がなくなるコツ

著者 :
  • すばる舎
3.49
  • (18)
  • (30)
  • (33)
  • (14)
  • (2)
本棚登録 : 273
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883998296

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 悩みが尽きない毎日です。
    でも、そんな「悩み」は、自分がつくり出していたものだった?
    私はまさに、いろんなことに「悩んでしまう」人です。
    本書では、そんなさまざまな「悩み」は、「思考」することから出てくると述べています。いろんなことを頭で「思考」してしまうから、悩みのスパイラルから抜け出せない。それを「思考グセ」と読んでいます。
    「こうするべきだ」「どうすれば~なんだろう」と「思考」するんじゃなくて、「私はこうしたい」と自分の「感情」でいろいろなことを選択すれば、悩みは解消していく。
    この本を読んで、いかに自分の本当の「感情」を無視してきたかに気づかされました。

  • 自己主張しているようでいて実はできていない私。
    なんと言っても本音を言えない。むしろ自分でも本音がわかっていない。
    …こんな自分にとって、この本はとても背中を押されるサプリメントでした!

    「どんなに善人であっても罪悪感が強い人は幸せになれない」
    「したほうがいい・どっちがいいだろう ではなく、したい・ほしい・好き」

    単純だけど、読んで衝撃を覚える教えでした。
    確かにそのとおりだと理解できれば心の負担が軽くなりました。
    楽天的、ポジティブ思考と思っていたけど、この面から見ると全然だめ。
    根底にあった「論理思考」を捨てられるように頑張ります♪

  • 読みやすい上に、わかりやすい。
    立ち読みしようとしたけれど、ちゃんと読みたいと思って、迷わずに買った本。
    気持ちの持ち方、考え方で、人生が楽になりました。
    あまり他人の事ばかりを気にしすぎない事です。気にしすぎて、自分がつらくなったら意味がない。

  • 自己啓発

  • 心がふっと軽くなりました。

    他人と比較することが悩みのタネだったとわかり
    この本を読んでからは

    「私が決めたことならそれでいい」と
    考えを改めるようになりました。

    “あなたはあなたでいいの”と何度も
    励まされている気がして私の人生において
    大切な一冊になりそうです。

  • 悩みグセをなくし、前向きにいこう。

  • モヤモヤするから話をして聞いてみようという試みや、基本だけどこれはやったほうがイイという女性のイラスト付きでが書かれている。

    嫁と同じ雰囲気の女性で、嫁が悩みやすい人だからこの本に手をとった。
    嫁は自分の共感できる部分が多くて良かったとこと。

    作者は【自分中心心理学】を説いている。他人に振り回されずにもっと自分の考えを持って生きていったほうが楽ということ。

  • 著者のすすめる自分中心心理学。自己中心とは違う、自他の境界線をはっきりさせ、自分と他人を明確にすることで浮き上がる自分の本当の感情、それと大切につきあうことが自分を大切にすること守ること。わがままになるのとはまた違う、気持ちよさ、潔さを感じさせる本でした。

  • 読んだっけ。

  • 思考グセがあることが分かってよかった。考えすぎる、思考グセが悩みのスパイラルに陥っていることも分かった。思考よりも感情が大切だと思った。悩んでしまう時には振り返って読んでみたい。気づかされる。

    自分の事を愛して大切にしていこうと思う。思考グセについて、いつも気をつけて少しずつクセを減らしていきたい。

    この類いの本は愛加さんの本が1番だと改めて思った。

全38件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

心理カウンセラー。「自分中心心理学」を提唱する心理相談研究所オールイズワン代表。日本カウンセリング学会会員、日本学校メンタルヘルス学会会員、日本ヒーリングリラクセーション協会元理事、厚生労働省認定「健康・生きがいづくり」アドバイザー。思考・感情・五感・イメージ・呼吸・声などをトータルにとらえた独自の心理学をもとに、性格改善、親子関係、対人関係、健康に関するセミナー、グループ・ワーク、カウンセリング、 講演等を行い、心が楽になる方法、自分の才能を活かす生き方を提案している。『母と娘の「しんどい関係」を見直す本』(学研プラス)、『仕事・人間関係「もう限界! 」と思ったとき読む本』(KADOKAWA)、『わずらわしい人間関係に悩むあなたが「もう、やめていい」32のこと』(日本文芸社)、『金持ち体質と貧乏体質』(KKベストセラーズ)、『とにかく優位に立ちたい人」を軽くかわすコツ』(学研プラス)など著書多数。

「2018年 『会社・仕事・人間関係 「もう、何もかもしんどい…」と疲れ果てたときに読む本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「つい悩んでしまう」がなくなるコツのその他の作品

「つい悩んでしまう」がなくなるコツ (すばる舎) オンデマンド (ペーパーバック) 「つい悩んでしまう」がなくなるコツ (すばる舎) 石原加受子

石原加受子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
白石 昌則
デール カーネギ...
デイル ドーテン
阿部 紘久
有川 浩
夏川 草介
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

「つい悩んでしまう」がなくなるコツを本棚に登録しているひと

ツイートする