あなたの身近な人が「新型うつ」かなと思ったとき読む本

著者 :
  • すばる舎
3.31
  • (1)
  • (4)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883998760

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大きい会社ならまだ可能だか、中小企業には対応できる問題ではないと思った

  • 私の身近な人は新型うつかもしれん

  • 従来のうつ病と新型うつ病の違いがわかりやすく書かれていました。どちらにしても対応が難しいなということと、まわりの人が具合が悪くならないことが大変だということは想像できました。

  • コミュニケーション分類
    従来 新型
    管理的 × ×
    養育的 ◎ ◯×
    事実指向 ◯ ◎
    感情優位 ◯ ◯
    気遣優位 × ×

  • 同僚がひょっとしたら新型うつかもしれない。
    そう思って読んでみました。

    読み終わって、
    その人が病気かどうかの判断は
    やっぱりできないけれど、
    彼は新型うつになりやすいタイプなのだと、
    すごく納得できました。

    従来型と新型に対する
    コミュニケーションの取り方を
    比較しながら紹介してあるので、
    非常に読みやすかったし、
    参考になりました。

    ただ、タイトルに惹かれて読んだので、
    後半の事例紹介は流し読みに
    なってしまった気がします。
    図書館で借りるくらいがちょうどよいかも。

  • 新型うつに関する基礎知識と、患者への対応の仕方がわかる。本人が読んでもあまり意味はない。
    著者は医師ではないので、医学的なことよりもむしろ患者とのコミニケーションの取り方に重点をおいており、これはこれでよいと思う。でも、多分実際の会社は此処に書かれているほど優しい対応をしてくれることは皆無だろうという印象も持った。
    ちなみに新型うつの場合は希死念慮はあるんだろうか?

全8件中 1 - 8件を表示

あなたの身近な人が「新型うつ」かなと思ったとき読む本のその他の作品

倉成央の作品

ツイートする