誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方 やっぱり大事!!46のルール

著者 : 野口敏
  • すばる舎 (2010年4月20日発売)
3.12
  • (12)
  • (31)
  • (62)
  • (26)
  • (6)
  • 本棚登録 :597
  • レビュー :59
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883998852

作品紹介・あらすじ

「マズイ、何か話さなきゃ」「もう間がもたない…」を一挙解消。「聞き役」「話し役」も自由自在。楽しいテク&フレーズ"さらに充実"。ベストセラー第2弾。基本的な会話の方法に加えて「瞳ピント」「気持ちボキャブラ」「イメージ質問」など"楽しいワザ"も盛りだくさん。

誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方 やっぱり大事!!46のルールの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今まで、私は、そっけない返事をたくさんしてきたんだと気づけた。
    会話を膨らませていきたい。

  • 具体例があり、これなら実践できそうという。内容もわかりやすい。
    喜怒哀楽に合わせた相づちのパターンをストックし使う、二往復以上会話が続けるテクニック、瞳ピント、実践してみようと思う。

  • ○相槌
    相手の気持ちに焦点を当てて、〜〜ですよねと相槌を打とう

    ○話題
    相手の関心ごとや困りごと等に日頃から身を向けるようにしよう

    ○アイコンタクト
    大事な話の時には相手の瞳の中にピントを合わせよう

  • 相手の「気持ち」に焦点を当てる。
    アイコンタクトで相手に焦点を当てる。
    「EQ心の知能指数」より、自分の感情を言葉にできたら、その感情は自分の物。

  • 状況別に会話のポイントと具体例をあげてくれている本。会話の例が多いが、会話の内容がピンポイントすぎて、汎用性に欠けている印象を受けた。
    会話する上での参考にはなるが、ルールと謳っていただけに残念だった。

  • そりゃあ親しくない人との会話は弾まないけれど、、にしてもこの本は、よっぽど会話が苦手な方向けなのかな?と思いました。(部分的に良いかなという部分があるにしても、目新しいことではなかった。)

  • 齋藤先生の雑談学の本で雑談の重要性を痛感して、最近それ系の本として目に止まり読みました。
    平易な文体なうえ、会話としての使用例が多いので誰でも理解しやすい形になっています。ただ、会話を教科書風にやると相手にはすぐバレルのでこういったコツを血肉にして無意識にやれるかどうかが鍵かと思いました。

  • メモ
    瞳ピント
    天気カレンダーの話題
    短い会話から
    相手にも話してもらう
    話を受け入れる

  • 会話の仕方をクイズやちょっとしたマンガを通して学べる点がgood!
    前作よりも高度なテクニックが満載

  • 会話のテクニックと、少しずつ段階的に練習するなど、実践的な内容だった。

全59件中 1 - 10件を表示

誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方 やっぱり大事!!46のルールのその他の作品

野口敏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
レオ・バボータ
村上 春樹
小池 龍之介
村上 春樹
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
ジェームズ アレ...
阿部 紘久
有効な右矢印 無効な右矢印

誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方 やっぱり大事!!46のルールはこんな本です

誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方 やっぱり大事!!46のルールを本棚に登録しているひと

ツイートする