これからの郊外戸建住宅地―「思い出し・思い入れ」から「つながり」へ

  • せせらぎ出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (118ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884161446

著者プロフィール

西村一朗 にしむら・いちろう1941年金沢市生まれ。1966年京都大学大学院(修士課程、建築学専攻)を修了、同年に豊田工業高専建築学科助手、講師。1970年京都大学工学部建築学科助手、1974年奈良女子大学家政学部住居学科助教授。1982~83年文部省在外研究員でLSE(ロンドン大学)に留学、1983年「都市集合住宅地共用空間の共同管理に関する研究」で京都大学工学博士の学位取得。1986年奈良女子大学家政学部教授、1994年同大学生活環境学部教授、2002年同大学生活環境学部長、2005年奈良女子大学名誉教授。2005年平安女学院大学生活環境学部教授、2007年同大学生活福祉学部教授、2009年平安女学院大学客員教授、現在に至る。

「2015年 『進化する都市』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村一朗の作品

これからの郊外戸建住宅地―「思い出し・思い入れ」から「つながり」へを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする