Coyote No.21 特集:柴田元幸が歩く、オースターの街

著者 :
制作 : 新井敏記 
  • スイッチパブリッシング
3.50
  • (4)
  • (8)
  • (20)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 88
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884182083

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 収録内容のうち、柴田元幸訳の「ガラスの街(ポール・オースター)」のみ読了。
    オースターの他の作品にも言えることだが、本作は最初期の作品ということもあってか、カフカの影響が色濃く見られる。また、ことばへの不信感というのか、あるいは物語を創作するうえで語り尽くせないことへの苦しみのようなものが反映されているように思う。
    正直、かなり読みにくいがオースターの核を覗き見られるようで、ファンとしては嬉しい作品だった。

  • 2007
    スイッチパブリッシング
    新井敏記

    この特集タイトルだけで、買い でしょ?

  • 木原千佳のフォトに惹かれてページを繰ったところから出会いは始まった。
    そう、ポール・オースターとの出会いが。
    柴田元幸訳のcity of glass.
    この本で特に印象に残ったのは、「変化」というキーワードが通奏低音にあるということ。とりわけ、空の変化を描写した部分は印象的だった。
    「空が絶対に静止していないことを彼は知った。雲のない、一面青空が人がっているように見える日でも、小さな変化やゆるやかな乱れはつねに生じている。」

全3件中 1 - 3件を表示

新井敏記の作品

ツイートする