空白 (Switch library)

著者 :
  • スイッチパブリッシング
3.60
  • (25)
  • (41)
  • (41)
  • (10)
  • (4)
本棚登録 : 350
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884183004

作品紹介・あらすじ

Switch Interview Nov.2010-Mar.2012
『バガボンド』休載中の500日のあいだに、全8回にわたって行われた未公開インタビューを完全収録

2010年12月から井上雄彦の体調不良により休載が続いていた『バガボンド』が、
2012年3月より連載を再開する。その約1年半のあいだ、iPadア プリで描かれ、
Twitterで公開された「Smile」シリーズ、3.11東日本大震災、京都・東本願寺の依頼で制作された屏風「親鸞」公開など、
さま ざまな事柄が動いていく中で、しかし『バガボンド』は長い沈黙を保ち続けた。

この間、井上雄彦は、何を考え、どう変化してきたのか。
そして、なぜいま、『バガボンド』を再開したのか。
そのすべてのプロセスを、井上自身がはじめて、そしてあらためて語り下ろした。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 漫画家井上雄彦さんのインタビューをまとめたものです。

    インタビューが行われていた期間は
    『バガボンド』の休載の間から連載再開直後までです。
    その間に震災が起こっているので、
    震災について思うことも語られています。
    それから、井上さんが行った漫画とは別の仕事で
    親鸞の屏風絵を描いたことについても語られています。
    引き合いによく出てくるのが『最後のマンガ展』の話です。
    振り返ってみて、その経験がどう生かされているかとか、
    『バガボンド』がどう『最後のマンガ展』に影響されていくのか、
    ということも語られています。

    本の中ですごく心に響くことがたくさん書かれていて、
    共感できる部分が多かったです。
    マンガという物語を描いている方なので、
    物語をどう捉えていくか、言葉をどう捉えていくかみたいな話が一番共感できました。
    かっこいい人だなぁと思います。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「かっこいい人だなぁと思います。」
      絵が巧いだけじゃない、素晴しい人です。
      最近チンタラ読み始めた、マンガと言えども密度が濃いので中々読み進...
      「かっこいい人だなぁと思います。」
      絵が巧いだけじゃない、素晴しい人です。
      最近チンタラ読み始めた、マンガと言えども密度が濃いので中々読み進められない(図書館で借りています)。。。
      2013/04/06
    • 国中千鶴さん
      nyancomaruさんへ

      確かに井上雄彦さんの作品はマンガちいえども密度が濃いですよね。
      気づかされることがたくさんあります。
      素晴ら...
      nyancomaruさんへ

      確かに井上雄彦さんの作品はマンガちいえども密度が濃いですよね。
      気づかされることがたくさんあります。
      素晴らしい人ですよね。
      2013/04/14
  • 人が見る自分は、自分の鏡ではなく、人が見たいと思う自分であると。

  • 井上雄彦が『バガボンド』を休載した理由が主に精神的な理由による体調不良のようなものであったことを初めて知った。

    長く週間連載を続けてきた人、しかもトップランナーの人気作家として大作を描き続けてきた人が休載していた間にどんなことを考え、なにをしてきたか、そしてどのようにして復帰したかについてのインタビュー。

    井上雄彦自身はしんどいことをまるで語っていない(どちらかというととても客観的に、淡々と語っている印象。復帰に向けて無理をしている感じもしない)のに、読んでいて急に自分のことのようにすこし気持ちが苦しくなったりした。自分が仕事がしんどかった時期の感覚とすこし重なったのかもしれない。

    気づかないうちに周りや自分自身で作ってしまった枠とかルールを一旦なくして、本当に描きたいと思ったら再開すると語っていたときに『アナ雪』に先立って「Let it go」の話をしているのがすごい!

    巻末の(ほぼ読み取れない)ネームを見て、マンガの編集者って大変だろうな…!!と思った…。

  • インタビュー

  • 井上氏の人柄がにじみ出ている。作品に、自分に、人生に、真摯に向き合っていることがよく分かる。武蔵=井上氏となっているように思えるのは、作者から出たものがフィードバックしているのか、それとも、もともと一体だったと言えるのか。周りからの期待が高すぎると別の意味での負のフィードバックになってしまうのかもしれない、古今東西の著名人もそうだったのではないかと思いを馳せた。

  • ”バスケットボールを、嘲笑する雰囲気は、
    少年兵.の、更生について、飯田橋に。の時でした。

    伊集院さんも、”大.丈夫”な方。

  • 終わらせ方を意識しすぎた。そんな感覚もあるのだなと思った。何かに囚われないコトが大切

  • 冨樫よ、TAKEHIKO先生を見習え!!笑

  • ・人の人生とは、うまく進めずに立ち止まっている瞬間の連続
    ・人が見ている僕はその人が見たい僕
    ・自分の懐がどれくらい深くて広いかが作品に現れてくる
    ・体で超えたいという希望が生まれるのは、頭ー想像力で壁を超えられないから身体でなんとかしようと思うため
    ・力を抜かなければだめ

  • 親鸞、どうにかして見ることはできないだろうか。

全42件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1967年生まれ、鹿児島県出身。北条司氏のアシスタントを経て、1988年『楓パープル』でデビュー。 90年から連載を開始した『SLAM DUNK』は累計1億部を超える大ヒットとなった。98年より「モーニング」にて宮本武蔵を描いた『バガボンド』を大人気連載中!! 車椅子バスケを描いた『リアル』は「ヤングジャンプ」にて不定期連載中。

「2014年 『バガボンド(37)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上雄彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 和明
伊賀 泰代
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
ウォルター・アイ...
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

空白 (Switch library)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×