Coyote No.55 ◆ 旅する二人 キャパとゲルダ 追走 沢木耕太郎

  • スイッチパブリッシング
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・雑誌 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884183998

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • B&Bで見つけて、つい購入(断捨離最中だというのに)。が、これはよい。やはり沢木耕太郎の文章はキザなくらいカッコいい。勿論、キャパの生き方もカッコいいのだけど、それを題材にしてしまう、キャパと云えば(日本では)沢木耕太郎という構図を作り上げてしまうあたりも上手いのだ。

     CAPAの写真展で例の「崩れ落ちる兵士」についての考察を講演した内容が書き起こされて掲載されているが、それもまた良い。ややもすると世紀の詐欺事件、昨今、流行の盗作疑惑的な話にもなりかねないことなのに、キャパとゲルダに向けられた沢木の視線、理解力、包容力がなんとも温かいがゆえに、”暴いてやった”という感じが少しもしない。 なんとも巧いのだ。

    久しぶりに秘蔵しておきたい雑誌となった。

  • 人生を変えてくれたとも言えるこの雑誌は毎号面白く、世界は広くドラマに満ちていて、人生は孤独で、誰もが旅の途上だということを教えてくれる。

    今回は沢木耕太郎によるキャパとゲルダの特集。ロバート・キャパになったエンドレ・エルネー・フリードマンとゲルダ・タローになったゲルダ・ポホリレ。ユダヤ人であることや戦争といったキーワードの中で彼らがどう短い人生を生きたかを沢木耕太郎が撮られた写真の場所やドラマのあった場所を追訪する。2013年のキャパ生誕100周年展の記念講演が収められていて、『崩れ落ちる兵士』が実はゲルダが撮ったもので、かつ撃たれたのではなく転んだだけであるという結末を暴くところはぞくぞくする。
    また、キャパとアーウィン・ショーが連名で出したイングリッド・バーグマンへの食事の招待状はかなりユニーク。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
つるとはな編集部
遠藤 周作
小川 洋子
カズオ イシグロ
ジャレド・ダイア...
沢木 耕太郎
ポール オースタ...
沢木 耕太郎
西川 美和
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする