子供がもらって、そうでもないブローチ集 (Switch library)

著者 :
  • スイッチパブリッシング
3.96
  • (7)
  • (12)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 99
感想 : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (79ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884184353

作品紹介・あらすじ

子供に媚びてみたブローチ多数発表!親子で楽しむブローチの使い方。「作ってみたい!」に応える「HOW TO」つき。「ブッス!手芸部」に新たな部員が加入!?「性格かルックスか」小木さん、ブス論、語る。「だけどやっぱり男の人にもブローチを渡したい!」ので、再びあの人に渡しに。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • #読了 2022.4.9

    2014年出版。エッセイ要素も楽しめる手芸作品集。文章も書ける光浦さんならでは。すごく楽しめた。作品もすごくかわいくて好き。
    でも前に羊毛フェルトやったときに花粉症みたいな症状出ちゃって、どうやら羊毛フェルトアレルギーらしく、こういう作品が作れないのが残念…(悲)。動物を前から見た図の羊毛フェルトブローチめちゃかわいいのにぃ。

    エッセイでの光浦さんってよりはテレビ要素強め。普段のエッセイよりは自虐多めな印象。コンプラとか言うつもりはないけど、男の人が女の人をブスいじりしてるとやっぱりあまりいい気分しないやね。特に光浦さんは中身も魅力的だと私は思ってるから余計に思うのかも。光浦さんと仲の良い男性たちだからお笑いのサービスでの容姿いじりなんだろうけどね。
    なんでもコンプラいう時代の波に私の感覚も知らず知らずのうちに、のまれてるのかしらね?

    ◆内容紹介
    『男子がもらって困るブローチ集』につづく異色の手芸本! 

趣味を超えたクオリティの作品を作り続ける光浦靖子。
テレビなどでもその作品を発表し、タレント仲間にも作品をプレゼントしていたりと、芸能界のみならず、いまや一般的にも「光浦の手芸好き」は有名です。
前作発表より一年半、より高いクオリティと真似できないオリジナリティを持った新作ブローチが満載の手芸本第2弾。光浦靖子というタレントのキャラクターや40代女性の生き方までをも存分に描いたエッセイの数々、ブローチから見えてくる彼女の世界観を映し出したフォトストーリーなど、光浦靖子にしか作り得ない異色の手芸本です。

  • 2014、6、30

  • 好きだなあ、光浦節。

    手芸をしない人でも楽しめる一冊。
    本気で手芸をたしなんでいる人にはちょっと物足りないかもしれない一冊。
    前作よりも文章が増えている気がする光浦さんの2冊目。
    なんやかんやゆーても、やっぱり可愛いフェルト作品。
    正直、お洋服につけるのは気が引けるけれど、
    お部屋になら2,3個は飾ってみたくなる。

    とりあえず、私も愛されるまで頑張ろう。
    誰に?って話ですけど。

  • 可愛いさパワーアップ!参考になります。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      タイトル何だか自虐的ですよね、、、(未読)
      タイトル何だか自虐的ですよね、、、(未読)
      2014/04/02
  • 作品紹介としてもエッセイ、対談集としても面白かった。ここ数年、急速に容姿いじりに敏感なご時世になってきたので、ヒヤヒヤするところもあった。
    (2014年当時はイジられてなんぼの世界)

  • 2016.12.28読了。図書館で借りた。

    エッセイのページもあるので、一通り最後まで読み終えて。光浦の本を読むのは初めて。羊毛フェルトのブローチの本の第2弾。

    詳しい作り方は載っていない。主に作品とエッセイ集。前作をまだ見ていないのですが、ブローチやワッペンの本格的な教本を出して欲しい! と思った。実際につけられそうなデザインのものだとなお良しですが。

    でも正面を向いた動物の羊毛フェルト、すごく可愛いです。眺める本。

  • 光浦さんの手芸の腕前プロ並みです!そしてこの本を女子が開いたら、みんな「かわいい~♡」と声をあげること間違いなし!ブローチは奪い合いになることでしょう。 でも、このセンスを子供に向けてみたら・・・。うーん、受け入れられないでしょうね・・・。子供にちょっと媚びてみた作品への食いつきもいまひとつ・・・。まさしく「そうでもないブローチ集」。そして私が手芸センスというものを持っていたら、ぜひとも入会させてもらいたかった「ブッス!!手芸部」。みんなであれこれ言いながら作品を作るのって楽しそうだなぁ。

  • 独特だけど清潔感があってイイ!色の使い方や柄の組み合わせ方など、個性的ながらもくどさも嫌らしさもなく、バランスがいいと思いました。また、途中にある読み物は、光浦さんの物の捉え方がわかり、興味深かったです。

  • 加藤さんの反応って、一冊目ではコントだと思っていましたけど、手芸をする女性に対する総意なんでしょうか?だとしたら、ビックリです!

  • ダチョウのポケットチーフがかわいいいいいい。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

タレント。1971年生まれ、愛知県田原市出身。東京外国語大学在学中の1992年に、幼なじみの大久保佳代子と「オアシズ」を結成。1993年にフジテレビの深夜番組『とぶくすり』にナインティナイン、よゐこ、極楽とんぼとピンでレギュラー出演。それが1995年に『めちゃ2 モテたいッ!』、1996年に『めちゃ2 イケてるッ!』になってゴールデンタイムに進出する。2003年、雑誌「TV Bros.」で悩み相談『脈あり?脈なし?傷なめクラブ』を連載開始。読者から送られてくるどんな悩みに対しても、親身になって17年以上答え続けている。当連載はこれまでに『傷なめクラブ』『お前より私のほうが繊細だぞ!』の2冊が刊行されており、この本で3冊目となる。趣味は手芸。


「2020年 『傷なめクロニクル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

光浦靖子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×