休日にじっくり読む「論語」―頭と心を元気にする哲人の言葉

著者 :
  • 太陽企画出版
3.40
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884663322

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ダスキンの創業者である鈴木清一さんは、「損と得の道あらば損の道を行く。他人に対しては喜びのタネをまくこと」というのが持論、その通りに生きた 人のために骨を折れ 損得を超えて誠実であれ 心得違いをするな、悪口をいう人間ほど愚か者だ 集中すればなんでも上達する、楽しんでやれば幸せになれる

  • SBIの北尾さんが、論語をよく読んでいるということで 便乗して読書。 深い。

  • ・毎日、朝、誠実であれと念じ、夕べに誠実であったかと反省する。

  • 本書は論語の教えを現代社会における事例と照らし合わせて解説している。量的にも大変読みやすく、おもいやりをもって事に当たることを説いている。何度も読み返し、心の糧としていきたい。(2005/10/22読了)

  • ビジネスに関する論語の解釈。筆者の実体験と結びつけていて読みやすい。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

1957年東京生まれ。早稲田位大学政治経済学部卒業、南カリフォルニア大学大学院修了。経営評論家、経営コンサルタント、大学・ビジネススクール講師など幅広く活躍中。講演・セミナーはとくに外資系企業で圧倒的な人気を呼んでいる。

中島孝志の作品

ツイートする