休日にじっくり読む「呻吟語」―第一級の人物になる心の磨き方

著者 :
  • 太陽企画出版
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884663506

作品紹介・あらすじ

第一級の人物となる条件とは。濁世、乱世を清くたくましく生き抜いた哲人政治家「呂新吾」の「人間学の精髄」ここに甦る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第一級の人物

    って

    どんな人を思い浮かべます?

    ・・・・

    ・・・・

    これって

    人それぞれですよね

    だから定義しちゃいけないと思うですよ

    それが洗脳だと思うんですよ

    はい

    即効批判から入りました。

    ごめんなさい

    とりあえず

    謝っておきます

    日本人だから。

    さて

    内容は

    呻吟語を元に

    第一級の人物になる為の

    心得を語ってくれています。

    かたいです

    よみづらいです

    一般的に言ういいことは沢山書いてありました。

    サラリーマンで

    一般的に偉くなりたい

    って人は読んでも良いと思います。

    僕にはいりませんでした。

    僕は

    偉くなりたくないし

    誰とでも平等でいたいし

    フリーな感じでいたいし

    第一級って言葉が嫌いなので

    【じゃー何で読んだんだよってね】

    この本は要りません。

    はい

    スイスイ進みます。

    楽に行こうぜ

  • 論語つながりで読んでみました。 深い。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1957年東京生まれ。早稲田位大学政治経済学部卒業、南カリフォルニア大学大学院修了。経営評論家、経営コンサルタント、大学・ビジネススクール講師など幅広く活躍中。講演・セミナーはとくに外資系企業で圧倒的な人気を呼んでいる。

中島孝志の作品

休日にじっくり読む「呻吟語」―第一級の人物になる心の磨き方を本棚に登録しているひと

ツイートする