黎明〈下巻〉

著者 :
  • 太陽出版
4.25
  • (12)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 58
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884692261

作品紹介・あらすじ

人類永遠のテーマ「普遍意識の目覚め」に真正面から取り組み、文字で語り得る最高の真実が遂に完成。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 感覚的に価値ある本で、消化不良なものは、私は何度か読み返してます。
    この本については、そういった書籍の中でもトップクラスです。

    世俗にまみれながらも、何か世の中に違和感を感じている私にしても、難解な内容なのですが、平易な言葉を使っているので、かろうじて読み進められています。
    しかし、いつも消化不良になっていましてね。
    そんなこんなで三回目か四回目の読書中なのですが、未だに新鮮な気持で読み進めております。

    さて、この本での「普遍意識の視点」から世の中の様々な物事や思想を読み解くスタンスは、新しい生き方指南のような内容となっています。
    慎重に書かれ、著者の膨大な知識と超人的な認知力によった解説は、読者の興味や理解度に応じて、固定観念や悩みを解きほぐしていくように感じます。

    一部抜粋したいけれども・・・それは、あまりに多すぎるのです。
    が、一点だけ挙げます。
    交通費や宿泊先の当てもないのに全国各地での目的を果たしていく事例は、無限供給のエピソード、ギフトエコノミーの具体例として、普遍意識の媒体としての人間感覚を表現しているように思います。

    ・・・全くうまく表現できてません。
    いずれこのページは書き改めたいと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

葦原瑞穂の作品

ツイートする