世界は腹黒い―異見自在

著者 :
  • 高木書房
3.91
  • (4)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884710675

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『産経新聞』東京版夕刊に連載されたコラム「異見自在」の単行本化。

    話せば分かる、こちらから譲歩すれば相手も折れてくれる、善意を示せば必ず善意で応えてくれる・・・
    日本国内で、日本人同士であれば通用するかもしれませんが、国際社会・政治・外交では、そうではない場面が山ほどあります。
    まさに、世界は腹黒いんです。

    もとがコラムなので、さくさく読めます。
    社会・世の中を見る目が養われると思います。

  • 目からウロコの一冊

    マスコミは・・・
    特に●日はもう信用できません。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1942年東京生まれ。1965年東京都立大卒業後、産経新聞社入社。社会部次長を経て、1985年から1987年までテヘラン支局長、1992年から1996年までロサンゼルス支局長。1998年より3年間、「高山正之の異見自在」を執筆。2001年から2007年まで帝京大学教授を務める。『週刊新潮』連載の「変見自在」など名コラムニストとして著名。著書に『朝日は今日も腹黒い』(新潮社)、『アメリカと中国は偉そうに嘘をつく』(徳間書店)など多数。

高山正之の作品

ツイートする