易と人生哲学 (致知選書)

著者 :
  • 致知出版社
3.87
  • (7)
  • (7)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 83
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884741648

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【2015/8/5】
    紹介者:りかさん
    レビュー:米山

    米山のマイブームの「易」をおす流れの紹介!
    義父の部屋に置いてあったようで、読んでみてるのだとか。
    最近「易」が気になる。

  • 運命とは宿命にあらず、立命とすべし。易経の入門書だが、その深さが十分感じられ、しっかりと学ぶ必要を感じた。

  • 易とは占いだとばかり思っていましたが、自分の人生をどう生きるかということのほうが大事なんですね。世間一般に言われていることがいかに間違っていることが多いかを示すよい例です。相剋だからどう、というのはよくわからないのですが、易とはなんぞや、と思ったときに、最初に読むべき本なのでしょうね。

  • 易経を学ぶにあたっての先導役として位置づけされた講話をまとめたもの。
    平易な言葉で基礎の基礎を繰り返してあり、大変わかりやすい。
    東洋哲学を学ぶと易にたどりつくという。運命は自然の法則に従ってみずからの力で変えていくものだ。
    それが立命だ。
    春夏秋冬、自然が滞りなく造化するように、われわれはその生涯をつねに新たに創造していく。
    これが易の根本精神であるという。
    初めて易経に触れた。はじめの第一歩である。、

  • タイトルどおり、易学がどのように人生哲学と関わっているのか、易の詳細について書いてあります。
    講演会での内容をまとめたものと言うことで、文章では少し理解しにくい部分もあります。

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

思想家、東洋学者

安岡正篤の作品

易と人生哲学 (致知選書)を本棚に登録しているひと

ツイートする