ハガキ道に生きる

著者 :
  • 致知出版社
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884745103

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 広島の呉で高校を卒業したあと、百姓をしながら大工の見習いをしていたが、何かを成し遂げたりすることもなく、文字を読むことも書くことも少ない生活を送っていた著者が、『教育の父』と呼ばれる森信三氏と出会い、複写ハガキを勧められる。

    複写ハガキとは、自分が書いたハガキの内容が手元に残るように、カーボン紙を利用して複写したハガキを相手に送るハガキの出し方。

    著者は、以来30年以上もの間、ハガキを旅で出会った全国の人に出し続け、ハガキの出し方や、人脈の作り方、ハガキによるセールスの方法、人生の楽しみ方など、講演も引っ張りだこになっていく。

    ハガキは相手様の名前を借りて、自分のために書いているようなもの。複写して残った控えには、多くの財産が埋蔵されていると言う。

    さっそく、複写ハガキセットを買って、感謝すべき人、出会った人にハガキを出してみようと思う。

  • 「ハガキ道」の著者によるエッセイ的はがき実例集とも言える本。自分自身、ハガキを書き出して読むと、なるほどこんな書き方をするのか、と思わされる発見もあった。

    著者の言うようにハガキを書くことは自分のためということがにじみ出たハガキの文面であった。

  • ハガキとは自分への問いかけなのでしょうか。著者の謙虚な姿勢に好感が持てました。

  • すばらしい方です。

    僕も複写ハガキ始めました。

全4件中 1 - 4件を表示

坂田道信の作品

ツイートする