いま、なぜ「武士道」か―美しき日本人の精神(こころ)

著者 :
  • 致知出版社
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884745868

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もはや手遅れだろうか。いや、まだ日本人の魂の根底には「武士道」が残っていると信じたい。武士道の極意「常死」の意味が理解出来たので、悔いのないように生きていきたい。自分の考えが変わると自然と周囲の人にも影響を与え、少しずついい方向に変わっていくのではないだろうか。自己教育が大切だと感じた。(図書館)

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

岬 龍一郎
1946年生まれ。作家・評論家。早稲田大学を経て情報会社・出版社の役員を歴任。退職後は著述業のかたわら、人材育成のための「人間経営塾」を主宰。国家公務員・地方公務員幹部研修、総務省・人事院主催国家公務員合同初任研修講師、法務省矯正局、各地青年会議所(JC)、大手企業研修などの講師を務め「人の上に立つ者の人間学」を説いている。現在30~40代を中心対象に全国10ヵ所以上で「岬塾」を開催している。著書・訳書多数。

いま、なぜ「武士道」か―美しき日本人の精神(こころ)のその他の作品

岬龍一郎の作品

いま、なぜ「武士道」か―美しき日本人の精神(こころ)を本棚に登録しているひと

ツイートする