渋沢栄一男の器量を磨く生き方

著者 :
  • 致知出版社
3.64
  • (4)
  • (4)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884747763

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 渋沢栄一の初心者なので初めて知ったことが多かったが、記述が浅かった印象が残った。

  • 断片的に読んだせいか、いまいちぐっとこなかったのが正直な感想です。単純に渋沢栄一についてさくっと知りたいと思えばちょうどよい本だったのかもしれません。
    官僚批判に敏感になってしまうのは職業病ですが、官僚批判のときは官僚が建前上どういう理由をつけているのか、も併せて記述してほしいなと思いました。ただ単に「官僚の嫉妬心から認めない」的な表現だと、ほんとかよ?と思ってしまうので。
    2009/06/29

  • 今まで渋沢栄一について知らなかった自分が恥ずかしい。日本の資本主義の父であり、大蔵省を辞任した後は民間に下り、日本経済の発展に努めた人物である。この人の素晴らしいところは「論語と算盤」と言って、金儲けに走らず現代に著しく低下しているモラルをきちんと保ったところにある。社会と接するにおいて論語は大切だと感じた。今年に書かれた本のため、堀江氏や村上氏についても触れているから、現代味を帯びている。

    人の伝記は読み易いし楽しいし知識が付くからおススメである。経済関係の人には必読書だと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

昭和5(1930)年10月15日、山形県生まれ。上智大学大学院修士課程修了。独・ミュンスター大学、英・オックスフォード大学留学。Dr.phil.(1958), Dr.phil.h.c.(1994)。上智大学教授を経て、上智大学名誉教授。その間、フルブライト教授としてアメリカの4州6大学で講義。専門の英語学のみならず幅広い評論活動を展開する。昭和51年第24回エッセイストクラブ賞受賞。昭和60年第1回正論大賞受賞。平成29(2017)年4月17日逝去。享年86。

渡部昇一の作品

ツイートする