運命をひらく小さな習慣

  • 致知出版社
3.50
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884748821

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 笑顔
    肯定的なハイ
    相手のうなずく

    若干洗顔塾の宣伝っぽさもあるけど。

    他人が綺麗になったことにすごいと喜べる人
    そうすると自分も綺麗になる

    あさの挨拶

    成果を譲る

  • 呼吸洗顔術の著書の今野さんと村上さんの対談の本です。今野さんのセミナーに参加してみたいです。

  • 「『笑顔』『肯定的なハイ』『相手の話にうなずく』という三つの習慣を身につけるだけで、周りの環境が変わっていく」というのが本書の主旨。笑顔が遺伝子のスイッチをオン・オフするというのはどうもよくわからないところがあるけれど、笑いが血糖値を下げるという実験結果は出ている模様。自分の外面をきれいにするのは内面の心のあり方なのだなと思った。

  • 登録日:5/18

  • こころのこと。
    魂のこと。
    生きること。
    自分磨きのこと。
    丁寧の大事さ。
    感謝の気持ち。

    今、私が
    関心のあること
    感じていること
    が活字になっていて
    「あぁ。自分が感じること
    大事にしよう」
    って思えたら
    気持ちの整理が出来ました☆

    そして
    「洗顔洗心塾」
    初めて見る言葉。
    すごく興味があります!

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

1936年生まれ。筑波大学名誉教授。63年京都大学大学院農学研究科農芸化学専攻、博士課程修了。同年、米国オレゴン医科大学研究員。76年、米国バンダビルト大学医学部助教授。78年、筑波大学応用生物化学系教授となり、遺伝子の研究に取り組む。83年、高血圧の黒幕である酵素「レニン」の遺伝子の解読に成功、世界的な業績として注目を集める。イネの全遺伝子暗号解読のリーダーとして活躍した。現在、「心と遺伝子研究会」の代表を務めている。96年、日本学士院賞受賞。著書に『生命の暗号』『遺伝子オンで生きる』(いずれもサンマーク出版)、『そうだ!絶対うまくいく!』『望みはかなうきっとよくなる』(いずれも海竜社)、『スイッチ・オンの生き方』(致知出版社)など多数。

村上和雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
渡部 昇一
デール カーネギ...
藤尾 秀昭
藤尾 秀昭
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする