「中庸」に学ぶ

著者 :
  • 致知出版社
4.14
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 37
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884749194

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この中庸は、孔子の孫にあたる子思が孔子の教え、言わば論語のてつがくを体系的に著したものと言われている。巻末には書き下し文が収録されているが、約35ページと短いが、その中身はいっていの解説がないと理解が深まらない。本書は講演をまとめたものであるため、難解な語句も平易に語られておりわかりやすい。ただし取り上げられているのが代表的な章句であるため、伊與田先生による中庸全ての解説であったならばなお素晴らしいだろう。

  • 中庸の章句一つ一つについて、伊與田覺先生が丁寧かつ非常にわかりやすく語りかけてくれている書。頭の中の霧が晴れていくような感覚を味わうことができる。

  • 生きる上での基本が書かれています。
    惑わされず、過ぎず、ちょうどよく生きてゆきたいです。

  • 123.82 イ 登録番号8009
    理事長リクエスト

  • 至誠とは聖人のこころ。極めるとものの真価がわかるようになる。お天道様は見ているよ。だから、日々自ら律し、日々努力すべし。

全7件中 1 - 7件を表示

伊與田覺の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ジェームズ アレ...
ウォルター・アイ...
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする