安岡正篤―立命への道

著者 :
  • 致知出版社
4.00
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884749408

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦後の各界をリードする人達から師父として仰がれる安岡正篤。彼は鈴木貫太郎首相から依頼され「終戦の詔勅」を刪修に携わったといわれ、新しい国づくりのための人間のあり方を示した。
    本書はかなり神憑り的なところに文面を割くきらいがあるので★4つだか、安岡正篤の入門書としては評価できる。「慎独」という言葉は、意識して生きていきたい。

  • 66年前、日本が敗戦という未曾有の国難に直面し、安岡氏は焼け野原を前に涙した。そのような状況下、聖賢の学問を甦らせ、日本人の主体性を確立しようと奮い立った。本書には安岡氏の言葉や書物との出合い、人生を主体的に生きていく人々のドラマが描かれている。歴史的災禍東日本大震災によって、眠っていた日本人の魂が再び目覚め始める。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

作家

神渡良平の作品

ツイートする