天才バカボン 1 (竹書房文庫 T 1)

著者 :
  • 竹書房
3.90
  • (29)
  • (8)
  • (36)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 184
感想 : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884752934

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 超有名ギャグ漫画。
    とりあえず出産編からスタート。
    イカレ警官もまだ出場していないがじょじょに変な輩が出てくる。
    さりげなく理不尽な暴力を否定している点に感動した。

  • 赤塚不二夫は、晩年、「バカボン」のパパの扮装で、よく話をした。
    「これでいいのだ」

    ものごとを肯定的に捕らえるという主張を、
    「バカボン」のパパという配役に語らせている。

    時代は、社会批判の時代に、物事を肯定する姿勢を、
    大勢の人に受け入れさせた力はすごいと思う。

    近年、現実肯定の風潮の中では、
    突拍子も無いことをすることが風刺にみえていた。

    現在、世相は批判的な方向に向こうとしている。

    どんな時代でも、表面的な流れ対して、
    素朴な「バカボン」と、破天荒な「バカボン」のパパは、
    波の上の木の葉のように、揺らぎながら、留まっているように見える。

    今の世代の人がどう読むかは分からないが、
    赤塚不二夫の最大の伝言が響くことを願う。

    ps.
    最初の入力で人名に誤変換がありました。申し訳ありませんでした。
    ご指摘いただきありがとうございました。「プレビュー」という仕組みは、誤字、脱字、文字化けを確認する仕組みだということを再認識しました。

  • 僕の中でバイブルと言える本。
    本当に感謝。

  • シールにして冷蔵庫にぺたぺた貼りたいくらい、全てのコマがかわいい。細かい表情も素晴らしいのだった。

  • ゆるすぎ(笑)でも嫌いじゃない(笑)リラックス効果は抜群!

  • 後半の、ハジメちゃんが誕生してからがとても好きだったので、気が向けば続き買うよ。
    昭和だー。なんだかぬりえをしたくなる絵柄です。

  • 親父の時代のマンガだよ。

  • 1巻!!
    時代的にわからないのもあるけれど、まずは読んでみましょう。

  • これでいいのだ!!

  • これでいいのだ!と言い切る!

    バカとは?
    大人になる前に読んで欲しい漫画。

    選書:川島

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

赤塚不二夫 略歴

本名 赤塚藤雄。
1935年9月14日満州(現中国東北部)古北口生まれ。
中学校在学中、手塚治虫氏の『ロストワールド』に影響を受け漫画家を志す。

1956年 少女マンガ『嵐をこえて』でデビュー、トキワ荘に入居。
1958年 『ナマちゃん』を「漫画王」(秋田書店)に少年誌初連載。
1962年 「週刊少年サンデー」(小学館)に『おそ松くん』、「りぼん」(集英社)に『ひみつのアッコちゃん』を連載。
1967年 「週刊少年マガジン」(講談社)に『天才バカボン』、「週刊少年サンデー」に『もーれつア太郎』を連載。
テレビアニメ化作品も多い。他、代表作に『レッツラゴン』『ギャグゲリラ』など。

1965年 『おそ松くん』により第10回小学館漫画賞受賞。
1972年 『天才バカボン』により第18回文藝春秋漫画賞受賞。
1997年 第26回日本漫画家協会文部大臣賞受賞。
1998年 紫綬褒章受章。
2008年8月2日 東京・お茶の水順天堂医院にて肺炎のため逝去。享年72歳。

「2022年 『メイドイン赤塚不二夫1 六つ子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤塚不二夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×