ぼのぼの 3 (バンブー・コミックス)

  • 竹書房
3.66
  • (23)
  • (13)
  • (50)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 223
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (133ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884753191

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • はじめて買ったぼのぼのは三巻でした。

    ぼのぼのはいいよ。すごくいいよ。
    正直私のバイブルですよ。
    ぼのぼのの何が良いのかって、昔私が一生懸命考えていたことを、ぼのぼのもおんなじように子供の感性で考えているのがいい。
    それを色んなオトナに訪ねてみたり、友達と考えたり、行動してみたり、怖がってみたりしてるいのがいい。

    初めて友達と旅行に行くのはどきどきする。するする。
    いけないことをするとしまっちゃうおじさんが来る。
    お父さんはきっとお父さんの皮を着た別人が演じてる。
    自分が見てないとき、世界はきっと休んでる。
    いつかきっと、海の向こうから誰かが自分を迎えに来る。

    そういうのをぼのぼのは考えて、悩んで、口にする。
    私も同じことを確かに小さいとき考えていた気がする。

    いつ忘れてしまったんだろう。そんな話がいっぱいつまってる。

  • 自立について。

  • ぼのぼのは主人公である。ぼのぼのはひとりで遊べる。シマリスくんはぼのぼのの友達である。シマリスくんはひとりでいられる。アライグマくんはイジメっこである。アライグマくんはひとりじゃいられない。

    そんな3人が主人公たちです。アライグマくんみたいな人は多いはずなんです。私もそうです。

    今巻のテーマは「ジリツ」と「なりたい」。
    自立するってどういうことか。
    何かになりたい、ってどうすればいいのか。ね。

  • シマリスくん好きです

  • 01309
    Z007
    K-9999999-007

  • 彼らは多くを望まない。たとえ多くを失おうとも。

    こういうのってなんだろう
    こういうのって前にもあったぞ
    こまってる時にともだちが来て
    助けてくれると思ったらいつもの
    ともだちとどこか違うんで
    がっかりしたことって

    ジリツってなァにィ?
    すぐ泣いたり
    すぐおこったり
    すぐ笑ったり
    しなくなることも必要です

    自分をすてることができない限り
    自立はできないでしょう

    アライグマくんも昔は何かを持って歩いていたんだろうか
    アライグマくんはそれをどうやって捨てたんだろう

    ええ〜っ切り株ゥ〜?
    じゃあどうしてそれを捨てたのォ?

    それは
    重いからです

    じゃあどうして
    木の切り株を持っていたのォ?
    おれしかいねえんだぞ
    カッコイイじゃん

    おでん

    ジリツするとカロヤカになるんだろうか
    カロヤカになるとジリツするんだろうか
    どっちをさきにやればいいんだろう

    木の切り株?そいつはすごいな
    でも重いから捨てちゃったんだって
    ほ〜そいつはますますえらい

    うるせえぞおまえら

    寝てるふりしておきながら見る
    おろうさんはものすごくさびしそうだった
    ボクはどうしてこんなことをしているんだろう

    りっくりっくりくっ
    つっくつっくつくっ

    かりか
    かろん

    アライグマくんがおこる気持ちは少しわかる
    ボクもすこしわかるのは
    ボクもすこしおこりたいからだろうか

  • 和む。…途中までしか読んでないケド;

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1955年生まれ。宮城県出身。漫画家。主な作品に『I』『羊の木』『ぼのぼの』など多数。

「2015年 『誰でもないところからの眺め』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いがらしみきおの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
いがらし みきお
いがらし みきお
いがらし みきお
いがらし みきお
いがらし みきお
いがらし みきお
いがらし みきお
いがらし みきお
いがらし みきお
いがらし みきお
いがらし みきお
いがらし みきお
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×