天―天和通りの快男児 (1) (近代麻雀コミックス)

著者 :
  • 竹書房
3.90
  • (81)
  • (51)
  • (94)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 453
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・マンガ (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884754310

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『天 天和通りの快男児』
    フジテレビ/毎週水曜深夜放送
    2018年10月3日から

  • 天は当初こんなにギャグ漫画テイストだったんだな。
    89年か、時代を感じる。

  • 俺のアンコはそこにある…。シビれたなあ。まだ20世紀だった頃に大学の部室で読んだ。曽我のは結局テクじゃなくて超能力だったのか?脇役が魅力的。最後は難しいテーマに挑んだが…やっぱりアカギに持ってかれちゃいますね。

  • どこの雀荘に行けばアカギさんに会えますか?

  • 最初のほのぼの路線もっと見たかったなあ…

    4話の冒頭の沢田の台詞のトコが福本マンガだなあ、と
    思わせられて○。

  • 全巻
    福本作品らしくはあるけど、イマイチキャラ設定や話がイマイチ

  • 初期は人情話。
    この頃はひろゆきが強敵。

  • 始めと最後では絵も内容も結構変わっています。途中で読むのをやめるのは本当に勿体ないのでぜひ…と言うかお願いしたいくらい最後まで読んで欲しい作品。

  • ラストで全て持っていかれた。赤木しげるさんは間違いなく神域。…(´;ω;)ぶわっ

  •  麻雀物としては冗長に続けすぎた感が拭えない一作、東西戦は正直だれました。

     が、ラスト三巻はもう、そんぞそこらの自己啓発本やセミナーにいくぐらいなら黙って読め、というクオリティ。あのラストのカタルシスを得るためにそれまでの15巻を読む、くらいの気持ちで読むことをお勧めします。

  • 赤木さん・・・

  • 私なんぞがいうことはもうありませんが、神域が、います。

  • 神域とひろゆきがとてつもなく好き。
    初期の福本先生の人情ものも、大好きです。

  • 麻雀編よりもこの漫画の面白さは最後のアカギとの対談編にあると思う。アカギと天達の対談は福本作品中一番好きな部分。

  • 1~5、7、12、13、と中途半端です。
    いつか揃えたいんだけど、なかなかお金がなくて止まり中。

  • 正直麻雀殆どわからないけど、ラスト三巻は号泣でした。

  • FKMT作品の中でこれが1、2を争うくらい好きなのは
    やっぱり最後の赤木先生の説教があるからなのかも知れませんが
    何だかんだ言って、天さんは格好良い男なんだと思ってたり。
    東西戦後半はやはり何度読んでも熱い戦いだと思います。

  • 天よりもアカギ主。

  • 何かしらの終着点として、誰かの死はよく描かれるけれどもこのマンガは圧巻。
    麻雀マンガなのに。

  • 赤木さんが好きです

  • アカギスピンオフ元の作品。
    最後数巻のアカギの男前っぷりに泣いた。

    完全に初期の絵が違いすぎ。成長・・・したんですね・・・福本さん・・・

    ざわ・・・・ざわ・・・

  • とうとう読み終えてしまった…!!
    生き様、しかと刻みつけました!

  • ふ ぐ さ し

  • この漫画の主人公は明らかに天ではありません。
    アノ人の生き様に惚れる漫画。

  • アカギに影響を受けて購入。相変わらず拙い麻雀知識で読んだせいか麻雀そのものの展開は恥ずかしくも理解しきれていないのですが、それでも十分面白かったです。主人公は天なんだけれど、ついついひろゆきに感情移入して読んでしまいます。赤木しげるの最後は衝撃的すぎ。「生」というものを物凄く考えさせられる。

  • 16巻からは麻雀漫画じゃなくなる。赤木の最期は本当に心にくる。

  • 2巻からいきなり熱くなります。
    外伝のアカギもお勧め。

  • 天さんはサンタクロースらしいです。

  • 主人公『天』。でも後半はアカギに喰われて、『アカギ〜外伝〜』と化す。

    麻雀漫画はやたら頭使うし読むのに時間がかかるんだよな〜。

    アカギを読んでりゃなお楽しめるハズ。

  • 最終巻の赤木さんの言葉に何度も救われました。

全40件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

1980年、『よろしく純情大将』でデビュー。代表作は『賭博黙示録カイジ』、『天』、『銀と金』、『最強伝説 黒沢』、『賭博覇王伝 零』など多数。現在、『賭博堕天録カイジ 和也編』、『アカギ』を連載中。

「2012年 『賭博覇王伝 零 ギャン鬼編(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福本伸行の作品

天―天和通りの快男児 (1) (近代麻雀コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする