燃えよペン (バンブー・コミックス)

著者 : 島本和彦
  • 竹書房 (1991年8月発売)
3.63
  • (17)
  • (5)
  • (40)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :114
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884755225

燃えよペン (バンブー・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「全てのマンガ家がこうだと思ってもらいたい!」

    という潔すぎる啖呵で始まる、締め切りと戦うマンガ家の物語!

     迫力のある集中線(効果線)を引くためなら、自分の大事なものをぶっ壊す!
     編集との戦いや駆け引き!
     新人が描いた三角関係のラブコメのいい加減な結末に鉄拳制裁!
     そして、ムチャな年末進行の中で飛び出した超名言、「あえて…寝るっ!」「先生、しかし…」「時間が人を左右するのではない…人が時間を左右するのだ!!」

     腹抱えて笑い転げるんですが、読み終わると身体が熱い、熱すぎるっ! 何かしたいけど何も手につかない「暴走したやる気」が全身を充ち満ちます!


     今手に入るとしたらサンデーGXコミックス版(http://booklog.jp/users/tomiyadaisuke/archives/1/4091571913)だと思いますが、敢えて竹書房版をご紹介しました!
     それは、作者自身が炎尾燃(ほのお・もゆる)にコスプレした"実写"版、「実在人物躍動編」が収録されているのはこの竹書房版だけだから!
     皆さん、指が千切れるまでAmazonをポチって下さいっ!!!

  • 熱い。ただその熱さがギャグとして回収されてしまってこちらは燃えられないで作者ばかり熱くなってずるい

  • 頑張ります.と思います.

  • 2009年5月1日

  • ¥105

  • 熱い漫画の第一人者・島本和彦氏の熱い漫画家漫画。これまで読んだ漫画の中で一番笑った作品。「(打ち合わせは)担当編集者との血で血を洗う合戦(バトル)なんだよ!!」など、熱くも妙にリアリティのあるセリフと共に、漫画家の必死な生き様が展開するこの作品には抱腹絶倒間違いなし。漫画好きな人は必見。

  • クリエイター系の知人の本棚には、大抵入っている一冊。
    自分にとっての座右の書であると同時に人生指南の書。
    (私は本気だ)

    数ある名言の中、「あえて寝る!」は、レポートの締め切りの時に何度使ったことか……!

  • スケジュールに追われて死にそうなときによく読みます。「時間が人を左右するのではない! 人が時間を左右するのだ!」

全9件中 1 - 9件を表示

燃えよペン (バンブー・コミックス)のその他の作品

島本和彦の作品

燃えよペン (バンブー・コミックス)はこんなマンガです

ツイートする