ノーマーク爆牌党 5 (近代麻雀コミックス)

  • 竹書房
3.60
  • (3)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784884757199

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 爆牌党全巻の流れからすると、ここで納得のいかないバカヅキになって、
    負けるという流れは非常にいいね。
    岩田の立場はツライよなー。

    爆岡は女絡みのシリアスなストーリーも。
    しかしこの絵じゃかなりツライなwww

    そして色の支配…これも好きなんだよなー。

    茶柱が風呂に茶葉を大量投入するとこはワラタw

  • 達人戦後半。最終戦にて鉄壁が奇跡的なバカヅキを連発し爆岡を追い詰めるも、最後の最後で爆岡に逆転されてしまう。
    鉄壁は意外と打ち込み多いんだよね…
    また、後半は満強位戦が開始される。色の支配という新たな鉄壁理論が早々に炸裂。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1981年『週刊ヤングマガジン』に掲載された「平和警察」でデビュー。代表作の麻雀漫画『ぎゅわんぶらあ自己中心派』など、麻雀漫画を多く発表しているギャンブル漫画の第一人者。

ノーマーク爆牌党 5 (近代麻雀コミックス)のその他の作品

片山まさゆきの作品

ツイートする