アカギ―闇に降り立った天才 (5) (近代麻雀コミックス)

著者 :
  • 竹書房
3.61
  • (18)
  • (15)
  • (51)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 245
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884757991

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 南場から入って、7万差という絶望的状況。

  • 夏の課題図書。麻雀さっぱりわからんけどアカギがカッコ可愛いよ!!!

  • ニセアカギ→治→アカギと打つ人がころころ代わり、やっぱアカギはすげーなぁと思ってしまう5巻。調子に乗った浦部の「手がきとるときはガメらんかい…!」はぜひ使ってみたいが、日常ではなかなか手がきとる状況がない…。その浦部のオープンを経てのアカギのオープン!このあたりにアカギらしさがあるような気がする。これはアカギだからこそできるかませ方だろうな。
    まぁ非常に不憫なニセアカギはさておき、治も不憫…。ご飯中に石川に耳掴まれるわ、関係ない高レートの麻雀させられるわ…。
    常識的に考えるとこのぐらいの歳で3億かかった麻雀て…!と思ってしまうが、何歳になってもそう出来るもんじゃないだろうな…。
    とりあえず〆の絶無のリーチに尽きるということで。

  • 福本伸行

  • 人は理は避けられても 偶然までは避けられない
    常人の想像をはるかに越える 戦略というか
    神がかり……
    別領域からの刃…!リーチ偶機待ち…!

全5件中 1 - 5件を表示

アカギ―闇に降り立った天才 (5) (近代麻雀コミックス)のその他の作品

福本伸行の作品

ツイートする