エネルギー復興計画―東北版グリーンニューディール政策 (エネルギーフォーラム新書)

著者 :
  • エネルギーフォーラム
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784885553882

作品紹介・あらすじ

震災で露呈した電力システムの弱点。これからのエネルギー政策をどう考えるか?エネルギー戦略研究所所長からの提言。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •   タイトルで職場の本屋の平積みから購入。

     山家さんは日本政策投資銀行でエネルギー融資を担当していたそうで、そのためか、冷静でめくばりの聞いた分析が光る。

     いきなり、脱原発とか過激なことは言っていない。

     具体策として大事だと思った点。

    ①風力発電、太陽光発電と蓄電池をネットワークして、地域エネルギー会社ができる。(p205)

    ②コージェネの活用やごみ発電など等の未利用エネルギーを進めて、熱流通の効率化を電気と共に進める。(p177)

     地域冷暖房のシステムに熱だけでなく電気のやりとりもさせれば、地域での分散型の発電システムができるはず。

    ③資源別の方向性として、原子力↓、天然ガス↑、石炭、石油→、再生エネルギー↑↑、節電・需要シフト↑↑。(p164)

     その他、世界の太陽光発電がメガソーラーに向かっているのに、日本が住宅の屋根に特化していることに対して、太陽光発電メーカーがシャープ、三洋、京セラなど政治力があるからだといっている。(p74)

     本当は、太陽熱の方が効率がいいのに、中国メーカーしか作っていないので支援をしないといった、何か政治的な配慮が背景にあって、再生エネルギーの問題はわかりにくい。

  • 震災前に日本の電力供給の現状をまとめたものと、震災後に今後の脱原発に向けての提言をまとめたもの。現状というと特に発電方式による電力供給能力と時間帯別・季節別発電ミックスなどいくつか役に立つデータが掲載されている。今後については安全保障の観点からも従来の原子力・石油依存から天然ガス・石炭・自然エネルギー等発電方式の多様化と共に、ピーク時と自然エネルギーの安定化対応の為にも蓄電システムの構築が期待されるという極めて現実的な提言が纏められている。果たして経産省・電力業界はこうした提言を正面から受け止める議論をする体制があるのであろうか。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1956年生まれ。京都大学大学院経済学研究科特任教授。エネルギー戦略研究所所長,東北公益文科大学特任教授,山形県総合エネルギーアドバイザー,豊田合成㈱取締役を務める。東京大学経済学部卒業。日本政策投資銀行エネルギー部次長,調査部審議役等を経て現職。第27回エネルギーフォーラム賞受賞。著書に『オバマのグリーンニューディール』(日経新聞出版社),『再生可能エネルギーの真実』(エネルギーフォーラム),『ドイツエネルギー変革の真実』(エネルギーフォーラム)等多数。

山家公雄の作品

ツイートする