臨床研究と論文作成のコツ 読む・研究する・書く

制作 : 松原茂樹 
  • 東京医学社
4.56
  • (7)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784885632037

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2階閲覧室 W18/2011

  • 臨床論文の読み方だけでも、一読の価値あり。
    統計的有意差と臨床的な重要性は必ずしも一致しない。
    また、論文作成時はシンプルを心がけたい。

  •  本書は、「論文を読む」「研究する」「論文を書く」の三部構成となっている。
     忙しい臨床医がいかに研究し、論文を書いていけばよいのかのエッセンス満載で、これまで誰も教えてくれなかった、いや、教えることが難しかった研究者が長年かかって体得するスキルを明示してくれている(私見だが、これを読むと読まないとでは3年分の研究スキルが短縮できる)。よって本書は、研究の初心者から中堅向けで、全ての章がきっと本校学生のあなたにも役に立つ。
     医療を担う者は、患者さんのためにその能力を伸ばすことが常に求められ、能力を伸ばせる者が医療を担うことができる。本校で勉強をしている学生であれば、資格取得前でも能力を伸ばすための勉強をしているところは既に医療人と言っても良い。本書はそんなあなたに薦めたい。あなたは在学中に、教科書を読んで理解する延長で研究論文を読まなければならないし、レポートを書く延長で症例報告を書かなければならない。また、勉強や臨床の中で生じた疑問など、自分で解決していくために必要なスキルが、研究のスキルそのものだからである。
     内容に少し触れよう。「論文を読む」は、論文を読みたくなるまでの道のりに始まる。「研究する」は、臨床研究テーマの選び方に始まる。「論文を書く」には、うまい症例報告の書き方が含まれている。文章は、4人の臨床医が学術誌に執筆した連載をまとめたもので堅苦しくなく、必要な部分だけ読んでも差し支えない。
     印象に残った言葉がある「研究は最高のぜいたく、どうせやるならば楽しく」だ、同感である。
    (「図書室information63号」より抜粋)

  • 2階書架 : W018/MAT : 3410152478

  • こういう本をまってました!
    医学研究の初心者だけでなく、上級者ももう一度見直す機会となるはずです。
    私もSPSS使いですが、どの本にも書いてなかったヒントがあり、それだけでも価値がありました!

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

大阪大学大学院工学研究科地球総合工学専攻准教授。
1976年生まれ。大阪大学大学院博士後期課程修了。博士(工学)、一級建築士。2006年より現職。著書に『まちの居場所』(共著、東洋書店)、『利用者本位の建築デザイン』(共著)、『空き家・空きビルの福祉転用』(共著)など。
専門:建築計画、環境行動学

「2018年 『福祉転用による建築・地域のリノベーション』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松原茂樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デールカーネギ...
ジェローム グル...
有効な右矢印 無効な右矢印

臨床研究と論文作成のコツ 読む・研究する・書くを本棚に登録しているひと

ツイートする
×