ヴァイノと白鳥ひめ (愛蔵版おはなしのろうそく (6))

制作 : 大社 玲子 
  • 東京子ども図書館
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (169ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784885690556

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「おはなしのろうそく」と相違はないだろうけれど、絵の雰囲気などを確認したくて借りた。

    「お話は、おとなが子どもにおくることのできる、いちばんいのちの長い贈りものだと思います。」(はじめにーーおねがいふたつ)

    「瓜こひめこ」、恥ずかしながら初めて知りました。
    「あまんじゃく」がわからずにググと、いろいろな話がある民話だとか……ふむふむ。
    「ルンペルシュティルツヘン」も最近よんだけれど、いろいろな形があるんだなぁ。
    奥が深い。
    「やもめとガブス」にキリスト教を感じたのだけれど、インドネシアのお話だった。

  • ☆世界でいちばんきれいな声
    2014/04/15 3-2
    2014/06/24 2-1

    ☆三枚の鳥の羽 10分くらい
    2014/07/01 6-1
    2014/07/08 3-2
    2014/07/15 4-1

  • 世界で一番きれいな声は、愛らしいおはなし。おぼえたい。ほか瓜こひめこ、ルンぺルシュティルツヘン、など。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

子どもの本と読書を専門とする私立の図書館です。1950年代から60年代にかけて東京都内4ヵ所ではじめられた家庭文庫が母体となり1974年に設立、2010年に内閣総理大臣より認定され、公益財団法人になりました。子どもたちへの直接サービスのほかに、“子どもと本の世界で働くおとな”のために、資料室の運営、出版、講演・講座の開催、人材育成など、さまざまな活動を行っています。

「2017年 『物語の森へ (児童図書館 基本蔵書目録 2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東京子ども図書館の作品

ツイートする