琥珀の都・カリーニングラード―ロシア・EU協力の試金石 (ユーラシア・ブックレット)

著者 :
  • 東洋書店
3.40
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (63ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784885957109

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 歴史的な話とか、琥珀の話とかはほんのはちょっとで、
    残りは、経済学の話でした。
    経済学の話は、良くわかりません…

  • ソ連時代は要塞都市として、全く解放されていなかったカリーニングラード。
    ソ連解体によって開放都市となり、ロシアの飛び地となった。」

    現在、東欧10ヶ国が2004年にEUに加盟し、EUの包領となった。
    ロシアとEUの友好の地としてみなされつつある。

    しかし、中央集権を進めるロシアと、開放政策を取るEUとの溝は埋まりそうもない。現在カリーニングラードは免税特権を認められ経済成長を遂げるものの、輸入代替型の経済成長であるため、先行きは不透明である。
    いかに外資を導入し、輸出志向型の経済にするかにかかっている(アジアNIESの成長と同様である。)
    ちなみに、世界の琥珀の生産の9割はカリーニングラード産であるらしく、題名の由来ともなっている。

全2件中 1 - 2件を表示

蓮見雄の作品

琥珀の都・カリーニングラード―ロシア・EU協力の試金石 (ユーラシア・ブックレット)を本棚に登録しているひと

ツイートする