モスクワ地下鉄―「地下宮殿」の世界 (ユーラシア選書)

著者 :
  • 東洋書店
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784885958670

作品紹介・あらすじ

ソ連時代に建設が開始され、「地下宮殿」と称されるほど華麗な装飾で有名なモスクワの地下鉄。その「モスクワ地下鉄」の全12路線・177駅をすべて写真入りで紹介。建設の歴史的経緯から各駅の特徴まで、「モスクワ地下鉄」のすべてが分かる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • モスクワの地下鉄といえば、地下宮殿とも呼ばれるほど華麗な駅が特徴的である。本書では、モスクワ地下鉄のすべての駅(177駅)について、写真入りで解説している。いっそのこと、すべての写真をフルカラーにしてくれると、なお良かったのだが。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

(おかだ じょう)1911年―1981年。東京都出身。日本の美術評論家。東京帝国大学卒。文化庁文化財鑑査官、東京国立近代美術館館長、共立女子大学教授等を歴任。漆芸史を専門とし、伝統工芸の評論で活躍した。1980年『美と風土:名品・名匠との出会い』で芸術選奨文部大臣賞受賞。主要著に、『正倉院の木竹工芸』(小山書店/1949年)、『東洋漆芸史の研究』(中央公論美術出版/1978年)、『美と風土:名品・名匠との出会い』(講談社/1979年)他。

岡田譲の作品

モスクワ地下鉄―「地下宮殿」の世界 (ユーラシア選書)を本棚に登録しているひと

ツイートする