内観への招待―愛情の再発見と自己洞察のすすめ

著者 :
  • 朱鷺書房
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784886025012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  最初のほうは何かの宗教本かと思っていましたが、後半、実例が書かれていたのを読むと、一種の精神療法だと思えるようになった。
     まず、母親に対しての「内観」をしてみること。私にとって、子供の頃の記憶をたどるのは難しいことだけど、こういう場であれば思い出せるのかもしれないなぁと思った。
     深い反省を必要とするため、自分自身が傷つくのではないかと思うが、「内観」を終えた人がすがすがしい気持ちになるのを読むと、案外沿うではないのかと感じた。
     でも、実際やってみる勇気は、正直言ってない。怖いなぁという部分がある。
     こういう方法で救われている人がたくさんいるから、この考え方が広まって、役に立てばいいなと思いました。

  • 内観に興味があって手に取った本。「してもらったこと、して返したこと、迷惑をかけたこと」の3点を順繰りに調べていくというシンプルな方法ですが、見よう見真似でやってもそれなりの効果を感じることができました。また、本書には内観法に至った経緯と事例が書いてあり、分かりやすかったです。

    俄然、集中内観に興味が持てました。

    (が、一週間も家を空けるのは厳しいかな~・・・との躊躇もあり)

全1件中 1 - 1件を表示

内観への招待―愛情の再発見と自己洞察のすすめのその他の作品

吉本伊信の作品

内観への招待―愛情の再発見と自己洞察のすすめを本棚に登録しているひと

ツイートする