日本赤軍!世界を疾走した群像―シリーズ/六〇年代・七〇年代を検証する〈2〉 (シリーズ/六〇年代・七〇年代を検証する 2)

  • 図書新聞
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784886114365

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  重信房子氏や塩見孝也氏を初めとする赤軍派幹部・関係者に対するインタビュー集である。

     重信氏も塩見氏も、過激な運動に足を踏み入れるきっかけは、いずれも友人らの勧誘に気軽に乗ったものだと言う。当初、大学における学生の自治の在り方、学費値上げといった、学生からして密接な利害を有する問題に取り組んでいたのだが、運動の目的は、いつの間にか、帝国主義一辺倒支配の打倒、階級闘争等、全く異なったものに変質し、その手段も武力闘争を伴うものに転化していく。本来、その過程を当事者に語らせることこそが、本書を史料として価値たらしめる筈なのだが、残念ながら、当該記述がすっぽり抜け落ちていて、消化不良気味なまま、読了となった。

     全共闘運動しかり、薬害エイズの「救う会」しかり、ひとたび巨大な敵(仮想敵?)を見い出すと、それを打倒するための器たる組織だけが急激に自己拡大し、組織の維持、運動の継続が自己目的化する。やがて、内ゲバが生じ、最終的に組織が瓦解する。このパターンが性懲りもなく繰り返されるのは何故か。謎である。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1941年、広島県尾道市生まれ。1962年、京都大学在学中にブント(共産主義者同盟)の活動家となり、1969年、「共産主義者同盟赤軍派」を結成し、議長となる。1970年逮捕されて以後、20年あまりを獄中で過ごす。出所後、組織活動や執筆活動に従事。2010年に生前葬をおこなう。2008年、清瀬市のシルバー人材センターに登録し、駐車場管理人労働をはじめ、現在にいたる。

塩見孝也の作品

日本赤軍!世界を疾走した群像―シリーズ/六〇年代・七〇年代を検証する〈2〉 (シリーズ/六〇年代・七〇年代を検証する 2)を本棚に登録しているひと

ツイートする