日本のナイチンゲール―従軍看護婦の近代史

著者 :
  • 図書新聞
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784886114525

作品紹介・あらすじ

新島八重(NHK大河ドラマ『八重の桜』主人公)は赤十字看護婦となり日清・日露戦争に参加した。八重から太平洋戦争の従軍看護婦まで。兵士を救護した女性たちの物語を、明治・大正・昭和戦前期の三代にわたって詳細に描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2014/4/4

    369.1||ナ (5階社会科学)

    今から120年程前にあった日清・日露戦争に赤十字看護婦として活躍した新島八重(NHK大河ドラマ『八重の桜』
    主人公)や太平洋戦争で傷ついた兵士を救護した女性たちの物語です。
    「看護を行う私たちは、人間とは何か、人はいかに生きるかをいつも問いただし、研鑽を積んでいく必要がある。」
    ナイチンゲール

  • 2階書架 : WY011/SAW : 3410157405

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

2017年4現在 評論家、帝京大学文学部非常勤講師

澤村修治の作品

ツイートする