アルマジロの木

著者 :
  • どうぶつ社
3.57
  • (3)
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784886220028

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 絵本で勧められて読んだけど、漢字にルビ振ってないし大人の絵本でした。
    仮説が面白くてぷぷっと笑っちゃいます。
    でも最後がよく分からず…もう何度か読んでみようと思います。

  • この人の漫画は読んだことない。
    しかし、10年前に大切な人からもらって
    それから何度も何度も繰り返し読んでいる大事な本。

  • 山田玲司の絵本。ホノボノ。

  • 癒し。

  • とても不思議な物語。主人公はアフリカらしき風景を歩いてる。さまざまな動物に出会っては、なぜそのような形状をしているのか、模様をしているのか考え悩み仮説をたてる。さて、仮説は証明することができるのでしょうか?

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

マンガ家。1966年東京都生まれ。
多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒。小学生の頃から手塚治虫に私淑し、漫
画を描き続け、20 歳の時にコミックモーニングで漫画家としてデビュー。画業と絵本制
作をしながら描いた恋愛漫画『B バージン』(小学館)でブレイク。対談漫画『絶望に効く
クスリ』(小学館・光文社)や、本屋大賞【中2 賞】を受賞した『非属の才能』(光文社新書)
といった新書でも知られる。著書累計約530 万部。
今作は、五味太郎に師事した経験を経て、長年の夢だった「UMA がいる水族館に行く
こと」をかなえた一冊。

山田玲司の作品

ツイートする