禁書売り―緒方洪庵・浪華の事件帳

著者 :
  • 鳥影社ロゴス企画部
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784886295552

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 楽しく読めました。
    表題の一話目である「禁書売り」は、時代物好きでなくても
    本好きさんにもお勧めできるかも。
    もっと続きが読みたいです。

  • もう一つ、築山さんの本があったんですが、待ち時間に読めるようにと、中編集であるこの本から読み出しました。

    舞台は、1800年代 大阪 江戸時代も終わりに近くなった頃でしょうか。
    申し訳ないことに、私には、日本史の基礎知識がありません。
    すべて、関心するばかり。
    身近な大阪が舞台なので、頭の中で、情景を想像しつつ読みました。
    主人公の、緒方章、のちの緒方洪庵は、ごく普通の真面目な青年と言った感じです。
    政治的な駆け引き、商人の駆け引き、瓦版、浪速講の案内人。
    江戸時代の風俗や、大阪の雰囲気に興味津々で読んでしまいました。
    魅力的な登場人物、緒方章の先生である、中天ユウ(私のパソコンでは字が、でないんですね。)
    もちろん素敵な左近。
    左近は、小柄ながら引き締まった美線の若い娘?
    中編の連作になっています。サブタイトルが、「緒方洪庵 浪速の事件帳」ですから・・
    無理矢理たとえれば、緒方章が、ワトソン、左近がホームズでしょうか。
    当然続きが読みたくなる本です。

全2件中 1 - 2件を表示

禁書売り―緒方洪庵・浪華の事件帳のその他の作品

築山桂の作品

禁書売り―緒方洪庵・浪華の事件帳を本棚に登録しているひと

ツイートする