食は運命を左右する―現代語訳『相法極意修身録』

制作 : 玉井 礼一郎 
  • たまいらぼ
3.82
  • (4)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784886360182

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マクロビや食養の元にある「粗食」について書かれた一冊。宗教または哲学的ともいえる思想だが、食料があり溢れている現代社会では大切なことだと思う。

  • 小食は自己鍛錬であることの確証を得た。

  • 風呂屋の三助にまでなって観相学を極めた江戸時代の大家が、最終的に下した結論は「食は運命を左右する]だった。

  • ☆粗食の者は貧相でも幸運をつかむ
    ☆食事時間が不規則なものは吉相でも凶
    ☆吉相でも碁・将棋を好む者は出世しない
    ☆築山・泉水のある家は衰運に向う
    ☆夜なべは大凶、朝寝坊は貧窮短命
    ☆女性が吉相を自覚すれば凶相と変わる
    ☆(観)相法の秘密は法華経にある   目次より

全5件中 1 - 5件を表示

水野南北の作品

ツイートする