神本利男とマレーのハリマオ―マレーシアに独立の種をまいた日本人

著者 :
  • 展転社
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784886561299

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マレーの「ハリマオ」は以前より存じ上げておりましたが、こんな素晴らしい日本人が実在したという事実に感動致しました。
    最初は資料のつもりでしたが、読み進む内にマレー在住の著者が十数年かけて調べ上げた数々のエピソードに目が釘付けに。
    全くもって「快男児」とは、こういう方の事でしょう。

  • 拓殖大学 創立者 桂太郎  鯛の目とひらめの目 その土地の民族習慣を良く調査した上で、それに適した政策を実施すべきである。支配する側は、常に自分の論理を優位におき、ともすれば独善的な判断でこれを押し付けることを厳しく戒めている 後藤新平 拓殖大学学長 昭和通商 日本陸軍系の国外者 海軍は万和通商 闘将チャンドラ ボース 亜細亜回帰 インド

全2件中 1 - 2件を表示

土生良樹の作品

神本利男とマレーのハリマオ―マレーシアに独立の種をまいた日本人を本棚に登録しているひと

ツイートする