• Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784886564719

作品紹介・あらすじ

朝鮮半島、今そこにある危機……古田博司(筑波大学教授)
中国が再生産する「南京大虐殺」……原川貴郎(産経新聞政治部記者)
南京事件の作られ方……阿羅健一(近現代史研究家、日本の名誉を守る会会長)
外務省も陸軍省も大本営も個人的趣味の会だったのか……安濃豊(農学博士、元米国陸軍研究員)・八巻康成(昭和史研究家・資料調査担当)
ニヒリズムなき政治と「畏れ」知らぬ為政者……堀茂(公益財団法人国家基本問題研究所客員研究員)
一つの戦史 第八話 昭和六年(後編)……原作:影山正治(大東塾塾長)、作画:高岩ヨシヒロ(漫画家)
グローバル企業の性質と、日本の農業・水ビジネスへの参入の懸念……戸山穣(米国加州弁護士)
維新の源流はどこまで遡れるか……山本直人(東洋大学非常勤講師)
小説 大アジア解放戦争(二)……安濃豊(農学博士、元米国陸軍吹雪吹溜風洞招請研究員)
日本仏教正統史(八)……相澤宏明(展転社会長、日本の名誉を守る会副会長)
三船と萌で見る日本……富田安紀子(漫画家)

著者プロフィール

1953年、横浜市生まれ。慶應義塾大学文学部史学科東洋史学専攻卒業、慶應義塾大学大学院文学研究科東洋史専攻修士課程修了。ソウル大学大学院国語教育科に留学。博士(法学)。韓国の延世大学・漢陽大学の日本語講師、下関市立大学経済学部専任講師、筑波大学社会科学系助教授を経て、2000年から筑波大学社会科学系教授を務め、2019年に退官。2003年から2005年には第1回日韓歴史共同研究委員会委員、2007年から2010年にも第2回日韓歴史共同研究委員会委員幹事を務めた。東洋政治思想史や東アジア文化論、韓国社会論、北朝鮮政治を専門にしながらも、西洋の哲学・思想をその独自の視座から読み解く著作も発表。著書に『悲しみに笑う韓国人』(ちくま文庫)、『東アジアの思想風景』(岩波書店。1999年度、サントリー学芸賞)、『東アジア・イデオロギーを超えて』(新書館。2004年度、読売・吉野作造賞)、『ヨーロッパ思想を読み解く』(ちくま新書)、『使える哲学』(ディスカバー・トゥエンティワン)ほか多数。

「2020年 『旧約聖書の政治史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

古田博司の作品

國の防人 第八号を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×