美芸公

  • ミリオン出版
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784886722720

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ユートピア小説と言う感じ。前半から中盤まではものすごくゆったりしている。何が起こると言うわけでもなく、良く言えば優雅、悪く言えば平坦。後半になってその効果がきいてくるわけだけれど、良く考えればエッセイを小説に仕立て上げている風。横尾忠則の画が素晴らしい。

  • 筒井康隆さんと横尾忠則さんのコラボレーション。映画ポスターの形のイラストレーション。ページをめくるごとにドキドキ、ワクワク・・・

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

筒井 康隆(つつい やすたか)
1934年大阪市生まれ。日本を代表するSF作家の一人と目され、小松左京、星新一と並び「SF御三家」と称されることもある。
1981年『虚人たち』で泉鏡花文学賞、1987年『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、1989年「ヨッパ谷への降下」で川端康成文学賞、1992年『朝のガスパール』で日本SF大賞をそれぞれ受賞。1993年に断筆宣言を行ったことは大きな話題になった。1996年断筆解除後には、2000年『わたしのグランパ』で読売文学賞、2010年に第58回菊池寛賞、2017年毎日芸術賞をそれぞれ受賞。2002年には紫綬褒章も受章している。
代表作のひとつ『時をかける少女』は度々映画化、アニメ化され、多くの読者に愛される。ほか『日本以外全部沈没』、『文学部唯野教授』、『旅のラゴス』、『残像に口紅を』などは機会あるごとに話題となり、読み返されてきた。

美芸公のその他の作品

美芸公 (1981年) 大型本 美芸公 (1981年) 筒井康隆
美芸公の詳細を見る 大型本 美芸公 筒井康隆

筒井康隆の作品

ツイートする