解剖の時間―瞬間と永遠の描画史

  • 哲学書房
3.17
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784886790149

作品紹介・あらすじ

あらゆる図像は元来、ヒトの眼と脳とが合作した世界夢であった。しかしこれまで、ヒト自身のを活写する解剖図譜にそれを探ろうと思い立った人はいなかった。人骨はこの5万年変化せぬ、しかし人骨の図版は2千年のうちに千変万化した、と著者は述べる。謎を解く鍵は何か?骨図の裏にあるヒトの眼と脳との変容である。ここに最も劇的な視覚の冒険が生まれた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • すごい読みやすかった。入門に選んでちょうどよかったな、と。

  • 養老先生すっかりブレイクなんだけれども、彼の話で一番おもしろいのはやっぱり昆虫の話です。それはさておき、この本、布施氏がいい仕事してます。ええ、そりゃもう巧緻性の高いお指を持っていらっしゃる。羨ましい限りですよ、ええ。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

解剖学者。1937年、神奈川県生まれ。著書に『バカの壁』『遺言。』(ともに新潮社)など。

養老孟司の作品

ツイートする