泣かない小沢一郎が憎らしい

著者 :
  • 同時代社
4.67
  • (5)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784886836816

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小沢一郎さんの歴史がわかる本でした。

    まともな政治家は狙われるってよく聞きますが、

    時代に合った変化を作れる政治家には頑張ってほしいです。

  • 小沢一郎が、竹下を始めとする政策を持たない政治家、官僚に憎まれ、抹殺されたかがわかる。羽田孜の独白がかなりあるが、それも痛々しい。

  • 小沢一郎がなぜ悪人と評価されているのか?
    その理由とそれが根拠のないものと理解できる。
    こんなにも志と理念を持った政治家を官僚、検察、マスゴミの策略に乗せられて潰してしまってはいかん。
    小沢一郎のことを秘書が逮捕されてるんやから、検察が起訴しようとしてるんやからどんな犯罪行為か知らんけど悪い奴に違いないと思っている方は是非読んでください。

  • 小沢論であると同時に羽田孜の思いもよくわかる一冊。

    マスコミが悪意を持って垂れ流す「小沢像」は小沢一郎の真の姿なのか。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

島根県生。大和証券、特定郵便局長を経た後、20余年間、〈野垂れ死にをも許される自由〉を求めて、日本各地を放浪。その破天荒な軌跡をブログ『世川行介放浪日記』に記述。彦根市在住。
著書に『戦国倭人伝第一部 本能寺奇伝』『世川行介放浪日記 貧乏歌舞伎町篇』『世川行介放浪日記 愛欲上野篇』(彩雲出版)、『歌舞伎町ドリーム』(新潮社)、『泣かない小沢一郎が憎らしい』(同時代社)、『郵政 何が問われたのか』『地デジ利権』(現代書館)、『小泉純一郎と特定郵便局長の闘い』(エール出版社)他がある。

世川行介の作品

ツイートする