建築MAP東京・2

  • TOTO出版
3.38
  • (4)
  • (13)
  • (35)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 128
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887062269

作品紹介・あらすじ

1990年代後半以降に竣工した現代建築を中心にリノベーション、インテリア作品も含めた404作品を写真/データ/解説付で掲載。これらの作品はすべて1:10000のMAP上に作品名/設計者名併記でプロットされている。既刊『建築MAP東京 改訂版』で紹介した作品のほか、ぜひ見ておきたい建築作品もMAP上に多数プロット。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】
    https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/40803

  • 読んだから色々出かけてみようと思った。

  • 頂きものです☆
    建築の勉強のため、読んで実際の建築物を見に行きたいと思います!

  • やべっ、あんま使ってない。

  • 街歩きの友。

  • 「建築MAP東京」がバージョンアップ☆
    90年以降の新しい建物が載っている。
    東京はジャンジャン建物ができるから「3」もでるんだろうなぁ

  • 分類=建築物ガイド。03年8月。

  • ついにゲッツ!
    しかし思いの外理想の建物が載っておらずかなり期待してた分ちょっと残念。1に期待☆

  • 東京の有名建築をカタログ的にまとめたもの。パート2は1990年以降の建築物。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

■五十嵐 太郎(イガラシ タロウ)
1967年生まれ。建築史・建築批評家。1992年東京大学大学院修士課程修了。博士(工学)。現在、東北大学大学院教授。あいちトリエンナーレ2013芸術監督、第11回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展日本館コミッショナーを務める。「インポッシブル・アーキテクチャー」などの展覧会を監修。第64回芸術選奨文部科学大臣新人賞。『モダニズム崩壊後の建築ー1968年以降の転回と思想ー』(青土社)『誰のための排除アート?』(岩波書店)、『増補版 戦争と建築』(晶文社)ほか著書多数。

「2022年 『21.5世紀の社会と空間のデザイン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

五十嵐太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島由紀夫
東京大学工学部建...
ギャラリー間
ギャラリー・間
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×