米山勇の名住宅観賞術

著者 :
制作 : 志岐 祐一 
  • TOTO出版
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887063198

作品紹介・あらすじ

建築史家米山勇が17人の目利きとともに見所をわかりやすく指南。明治から戦後の名住宅の世界。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • けんちく体操から米山先生に関心を持ち、購入。こうした視点があるから、けんちく体操もユニークな活動になっていると感じる。どれもじっくり見てみたい建物ばかり。建築を学んで来なかった私には用語解説も勉強になります。

  • 建築史家の著者が、さまざまなゲストとともに日本中の名住宅を訪れて独自の目線で紹介する一冊だ。
    旧岩崎邸などの明治の邸宅から、現在は美術館になっている朝香宮邸(東京都庭園美術館)、原邸(原美術館)、最後には代官山ヒルサイドまでさまざまな年代、建築家の住宅が紹介されている。
    どこも有名な場所ばかりで建築が好きな人ならば知っている住宅だけれども、豊富な写真や、大胆で主観的な鑑賞の仕方が面白く、楽しく読んだ。

    代官山ヒルサイド、何度も行ったことがあるけれどまさか地主さんの住宅があって、集合住宅ではなく普通に「家」として住んでいる人がいたとは。驚いた。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

米山勇
早稲田大学非常勤講師、日本女子大学非常勤講師などを経て現東京都江戸東京博物館研究員。博士(工学)。著書は『日本近代建築大全 東日本編』『同西日本編』(二〇一〇)、『米山勇の名住宅鑑賞術』(二〇一一)等。「日本建築家協会ゴールデンキューブ賞特別賞」(二〇一一)、「日本建築学会教育賞(教育貢献)」(二〇一三)受賞。

米山勇の作品

ツイートする