ユストゥス・メーザーの世界

著者 :
  • 刀水書房
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887083417

作品紹介・あらすじ

メーザーをご存知ですか?ゲーテに大きな影響を与え、マイネッケが「ドイツ歴史主義思想の源流」と位置づけ、フリードリヒ大王のドイツ文学論を真っ向から批判した、政治家にして歴史家・思想家…の世界をご覧下さい。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ゲーテやヘルダーが高く評価し、またドイツの国民経済学・歴史学の源流とも目され、またドイツの政治的保守主義の代表者ともみなされるユストゥス・メーザーの研究。完結にして要を得た伝記、メーザーの著作の翻訳(悲劇『アルミニウス』、『オスナブリュック史』序文、フリードリヒ大王への批判『ドイツの言語と文学について』)、および、ゲーテとの関係・日本でのメーザー受容との関係を視点に据える独自研究からなる。メーザーの極めて多様な側面を完全に知るためには、もちろん著作を読むことが重要であろうが、この研究書と『郷土愛の幻想』の邦訳によって、中心的な要素はひと通り知ることのできる地盤が整えられている。政治や歴史の分野でフランス革命の孕む問題や単純な近代礼賛が批判されるようになって久しいが、その批判の基準を考えるうえでも、常に物事を歴史を軸に据えてものを考え続けたメーザーの思考形式は豊かな可能性を持っているだろう。本書はそのような可能性に気づかせてくれるはずである。

全1件中 1 - 1件を表示

坂井栄八郎の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×