人種差別の世界史―白人性とは何か? (刀水歴史全書)

著者 :
  • 刀水書房
2.60
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887083981

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人種差別の世界史というが、どちらかというと豪州史の本だといったほうがいいだろう。白人性とは何かという問いから始まって、人種という概念の曖昧さとそれにともなう社会的差別の内実の浅はかさを主張している。こうした問題を日本というフィールドに投じてみることもできるかもしれない。ただ、時折合いの手のように入る()のボケはいらなかった。どのみち真面目なことを言っているのだから、最初からそうやって書いてくれればよかったのに。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1959年生まれ。1987年大阪大学大学院文学研究科博士課程中退。現在、大阪大学大学院文学研究科教授。オーストラリアを主な研究領域とし、ネット上のデータベース、オーストラリア辞典やオーストラリア年表を運営。著書:『オーストラリア歴史の旅』朝日新聞社(1990年)、『猫に紅茶を―生活に刻まれたオーストラリアの歴史』大阪大学出版会(2007年)、編著:『オーストラリアの歴史―多文化社会の歴史の可能性を探る』有斐閣(2004年)、『白人とは何か?―ホワイトネス・スタディーズ入門』刀水書房(2005年)、『アニメで読む世界史』山川出版社(2011年)、共編著:『空間のイギリス史』山川出版社(2005)

藤川隆男の作品

人種差別の世界史―白人性とは何か? (刀水歴史全書)を本棚に登録しているひと

ツイートする