歴史を変えた火山噴火―自然災害の環境史 (世界史の鏡 環境)

著者 :
  • 刀水書房
3.67
  • (1)
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887085114

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • テーマ史

  • 破局噴火に関する事例を読むことができた

  • 火山噴火の頻度は大きく変わらないが人口が増え一度噴火が起こると被害は甚大になる。過去の歴史をみると火山噴火による寒冷化が飢饉を招き、ローマが滅び、イギリスはアングロサクソンが支配し、フランス革命に繋がる。
    火山活動自体は植生を豊かにし大地の恵みを育むのだが、一度暴れると手に負えない。
    1991年のピナツボ火山の噴火エネルギーは東日本大震災に匹敵するらしい。
    定期的に噴火を繰り返す火山は予測しやすく計画的避難に成功している。そういうところから進めるしか無いのだろう。

  • 非公式正誤表あります (登録 1 件):
    http://public-errata.appspot.com/errata/book/978-4-88708-511-4/

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1940年東京都生まれ。東京大学卒業後、朝日新聞入社。ニューヨーク特派員、編集委員などを経て退社。国連環境計画上級顧問。96年より東京大学大学院教授、ザンビア特命全権大使、北海道大学大学院教授、東京農業大学教授を歴任。この間、国際協力事業団参与、東中欧環境センター理事などを兼務。国連ボーマ賞、国連グローバル500賞、毎日出版文化賞をそれぞれ受賞。主な著書に『地球環境報告』(岩波新書)、『森林破壊を追う』(朝日新聞出版)、『歴史を変えた火山噴火』(刀水書房)など多数。

石弘之の作品

ツイートする