現代日本の階級構造―理論・方法・計量分析

著者 :
  • 東信堂
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887133372

作品紹介・あらすじ

政治的・イデオロギー的バイアスを排し、新たな視角と最新資料に基づき、階級を社会分析の基礎要因として蘇らす力作。

著者プロフィール

1959年生まれ。早稲田大学人間科学学術院教授(社会学)。データを駆使して日本社会の階級構造を浮き彫りにする。『階級都市』『階級社会』『新しい階級社会 新しい階級闘争』など。

「2016年 『はじまりの戦後日本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

橋本健二の作品

現代日本の階級構造―理論・方法・計量分析を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする